バボ日記 ゆるっと人生な物語の編纂者

完璧主義な自分が、収入を3倍にするために意識した、たった2つの事

Mind Think Programing

こんにちは、たつみです。

先日、このようなツイートをしました。

2000企画後に変わったこと
・外注してみる勇気が湧いた
・全部自分でやろうとするのをやめて、他人にも頼りやすくなった
・より他人の気持ちに寄り添えるようになった
・いい意味で自分に期待しすぎないようになった
・自分の雑魚さをしり、改めて行動を見直すきっかけになった。

先日、僕が尊敬する方のひとり、原(@haraponta1496)さんが企画した2000企画に参加しました。

2000企画に参加してから、雑魚雑魚完璧主義エンジニアだった自分のマインドが完全に変わり、
改めて仕事に向き合う姿勢や営業マインドを一新しました。

その結果、ECサイトの構築やLPの構築だけにとどまらず、継続的に他の依頼もいただけるようになり、
8月の収入は7月の約3倍にまで跳ね上がりました。

一体何が自分を変えたのか?

それは「完璧主義をやめたこと」でした。

完璧主義をやめた自分がたった2つのことを意識するだけで、
本当に少しずつ変わることができました。

「こんなこと当たり前だろ!」と思う方もいるかもしれませんが、
同じように完璧主義で苦しんでいる人向けに僕なりに活動の中で意識したことをまとめます。

たつみ
たつみ
今回は案件を獲得した方法、と言うよりはマインドよりの話です。

本記事の内容

  • 完璧主義な自分が継続案件をとるのに意識した、たった2つのこと[周囲に頼ろう]
  • 完璧主義な自分が恐れていたことって?
  • まずは一歩踏み出してみましょう[悩み相談募集中]

本記事の信頼性

この記事をかいている僕は、現在学生エンジニアとしてWeb制作の活動をしたり、メディアやブログを運営しています。
今は毎日家に引きこもっており、毎日落ち着いて充実した生活を送っています。
最近はECサイトの制作にはまり、継続的に案件に取り組みながら日々学んでいます。

スポンサードサーチ

完璧主義な自分が継続案件をとるのに意識した、たった2つのこと[周囲に頼ろう]

まず、最初に自分は完璧主義です。

小さい頃から「真面目だね〜」なんて言われ、自分では当たり前にやっていることが裏目に出て
なかなか成果が出ないということがよくありました。

そんな僕でも以下の2つのことを意識したら少しずつ変われました。

全部一人でやろうとしないこと
完璧でなくても世の中に出すこと

この2つだけです。
細かくいうともっとありますが、大きくはこの2つを意識し続けたら少しずつ成果が出始めました。

全部一人でやろうとしないこと

全部一人でこなそうとするとマジで苦しいです。

デザインからコーディング、細かいデバイスチェックまで全部やろうとすると、
いくら案件に取り組める時間があるとはいえ、かなりハードです。

  • 圧倒的に時間が足りない
  • 無理してでも案件を進めることになる
  • 結果的にクオリティもそこそこに納品
  • それなりの評価しかもらえない

実際僕はこんな悪循環に陥っていました。

不安な人
不安な人
特に、クラウドソーシングでもらった案件は納期が短いことが多いです。
納期が短い案件が重なると地獄でしたね・・・

外注してもいい

自分が苦手な箇所は外注するのが一番です。

自分は作業時間が減るのでハッピー
先方はクオリティの高い納品物をもらえてハッピー
仕事が欲しい人に仕事を与えられてハッピー

3方よし、ですね。

私たちが目指すべき目標は「自分が全て完璧にこなすこと」ではなく
「先方の要望を満たすものを納品すること」です。

全部自分でやってそこそこのものを出すより適材適所で人員を割り振り
目標を達成する。

そうすれば納品スピードも上がりますし、この形が一番いいはずです。

嬉しいタツミ
嬉しいタツミ
自分も、LPのデザインや、メディア記事のアップロードを友人に外注したら一気に楽になりました!!

テンプレートを使ってもいい

原さんのブログを見て一番驚いたのがこの点です。

今から思うと謎ですが、自分は「ゼロから自分で作る」にこだわりすぎており、
テンプレートをカスタマイズして納品するなんて考えても見ませんでした。

過去の自分は、「高い技術」で「いい成果物を作りたい」と自分のエゴを押し通すことが制作の目的になっていたんですね。
自我を持って制作するのは大事ですが、それを目的化するとうまくいきません。

「自分ができること」で先方の要求をいかに満たすのか。

原さんの2000企画以降、一番の気づきはこの点ですね。

実際にテンプレから納品してみたらどうなった?

2000企画後にテンプレを使いつつLP制作をしました。
その中で先方からいただけたメッセージが以下です。

最初は案件内だけでの関係でしたが、案件終了後も付き合いを続けていただき、
今ではその方から別の案件をいただけるようになっています。

多少の運もありますが、相手の要求に寄り添い続けた結果だと思います。

たつみ
たつみ
自分のエゴではなく、相手の要望に寄り添いましょう!

完璧でなくても世の中に出すこと

完璧でなくても世の中に出すこと。
かなりの勇気は必要ですが、これができると世界は一気に変わります。

先ほどの「全部自分でやろうとしない」と合わせて意識しましょう。

過去の僕:
「完璧にできてから提出する」これが自分にとって当たり前でした。
先方に何か聞くときも「完璧にできることをやってから質問する」感じでした。

その結果、めちゃ修正依頼をもらい、萎えました。

目的はフィードバックをもらうため

なぜ、完璧でなくても世の中に出すかというと、フィードバックをもらうためです。

僕を含めて、よくある勘違いが、「フィードバックをもらわない完璧な仕事をするべき!」と言う固定観念です。

しかし、自分が思っている「完璧」は実際に「完璧」であることなんてまずないです。

なので、短いスパンで提出 -> フィードバック -> 修正
とした方が、全体的にかかる時間は圧倒的に少なくなります。

未完成だと評価が下がるかも

結論から言うと、下がりません。

もちろん、あまりにもクオリティが低すぎると下がるかもしれませんが、完成度50%以上で
言い方に気をつけつつ提出すれば、問題ないはずです。

そうして方向性があっていることを確認しつつ、残りを仕上げるのが吉です。

少しずれていたとしても、完成度50%なら修正はそこまで難しくないですよね。

むしろ、「完成しました!」と完成度100%のつもりで提出した場合、方向性が間違っていると、めちゃめちゃ修正が届きます。

修正が多すぎるとこちらも萎えますし、その分先方にも時間を取らせることになります。

たつみ
結果として修正対応で納期が間に合わないと詰むので、定期報告は必ずしましょう。

完璧主義な自分が恐れていたことって?


完璧主義な人はいくつも固定観念を持っている人が多く、その思い込みや不安で
自分に完璧を要求してしまっています。

自分は特にこの2つの考えが強かったです。

  • 相手は常に高クオリティのものを求めている
  • 周りに頼ってうまくいかなかったらどうするの

特に2つ目で悩んでいる人は多いのではないかと思います。

先ほど僕があげた2点はこの固定観念と深く結びついていまして、これを自己認識できているかいないかで
完璧主義を振り払えるか否かに大きく影響します。

この章ではそんな人のために解決策と合わせてさくっと解説していきます。

相手は常に高クオリティのものを求めている

完璧主義な僕が持っていた思い込みの一つ目は「相手は常に高クオリティのものを求めている」と言うことでした。
その結果として「全部一人で完璧にこなそうとする」ようになっていたわけです。

先ほども少し触れたのですが、クライアントが一番に欲しているものは「クオリティの高いもの」よりも「自分のイメージや要求に近いもの」です。

正しい考え方
「自分の事業の集客を加速させたい」-> 「集客に最適なLPの制作を求めている」間違った考え方
「自分の事業の集客を加速させたい」→ 「とにかく目立つかっこいいLPを求めている」

ここを取り違えて、「自分の工夫を凝らして時間をかけたLPを作ろう!」とすると
時間もかかりますし、結果として大したものもできなかったりします。

例え自分が努力してクオリティだけ高めたものを納品しようとしても、それが先方の要求を満たしていなければ意味がありません。

解決策はやはりテンプレ

解決する方法はやっぱりテンプレートをベースにするのがいいかと。
理由は3つです。

  • ・工数を圧倒的にカットできる
  • ・実際に成果を出している多くのサイトはテンプレートから作られている
  • ・事前に先方とのイメージの打ち合わせがしやすい

この辺りができ始めると少しずつ自分の仕事への向き合い方も変わってくるのかなと思います。
相手が何を要求しているのかを汲み取りながら制作すれば自然と「クライアントが要求しているもの」になるはずです。

僕がECサイト構築の案件を受注した際も、テンプレートを使用したことでスムーズに成約に結びつきました。
(こちらは実際の提案書内で使ったスライドの一つです)

teiansho_slide_1

先方も「いいね!そんな感じで行こうか!と快諾してくださりそのまま成約しました。

提案 → いいね! までは1分もなかった気がします。

未完成な自分や自分の作品は否定されてしまう

完璧主義な僕が持っていた思い込みの2つ目は「未完成な自分や自分の作品は否定されてしまう」と言うことでした。

この固定観念のせいで、「完璧でなくても世の中に出すこと」ができなくなっていました。

本当に未完成は否定されるのか?

結論から言うと、そんなことはありません。
むしろ、未完成だからこそ応援されたり、評価されたり、期待されたりすることもあります。

なぜそんなことが起きるのかと言うと、人によって要求水準や価値観が違うからです。
あなたにとっては完成度60%であっても他の人が見たら完成度 90%だと捉えられることもしばしばです。

さらに、もし完成度60%だとしても、応援やフィードバックを受けることで今後、短期間でクオリティを磨きあげるモチベーションにもなります。

・完璧じゃないけど、他の人に相談してみる
・わからないことがあるから、完成前だけど先方にもう一回確認してみる
・全然成果は出せていないけど、Twitterで成果報告してみる。

クライアントとのコミュニケーションだけでなく、
普段のTwitterやリアルでの行動でもぜひ意識してみるといいです。

まずは勇気を出して、自分や自分の制作物を相手に見せてみる。
ほんの少しの勇気を出すことで、価値観はガラッと変わりますよ!

不安な人
具体的には何をすればいいの?
次の章でチェックしてね!

スポンサードサーチ

まずは一歩踏み出してみましょう[悩み相談募集中]

run_with-scaled.jpg

何をしたらいいかわからない人へ

ほんの少しの勇気を出してください!だけで終わっても
何をしていいかわからないと思います。

なので、まずは僕にDMを送ってください!

  • 今、日常生活で悩んでいること
  • このブログを読んでの感想
  • これからの活動に向けての意気込み

なんでもOKです!

全て拝見して、返信いたします。

Twitterアカウントはこちら!

ついでにフォローもいただけますと幸いです!!

フォロワー2000人突破ありがとうございます!

 
twitter_2000

このブログを書いている最中にフォロワー数が2000人を超えました!
近いうちに何か記念企画を立案できればと思っていますので、楽しみにしていてください!

自分だけで悩み続けると辛い

このブログは完璧主義な自分の体験を踏まえ、同じような悩みを持っている人に向けて書きました。
拙い文章ではありますが、何か伝わるものがあると幸いです。

完璧主義な人に限らず、一人で悩み続けると本当に辛いです。
ひどい時には鬱になります。(過去に自分は一度鬱になり、学校に行けなくなりました)

そうならないためにも、周りの人をうまく頼り、頼られながら
楽しく生活していきましょう!

これからも定期的にブログを執筆していきたいと思いますので、
ぜひフォロー&チェックしていただけますとモチベーションになります!

本日のまとめ


いかがだったでしょうか?

本日のまとめはこちらです。

本日の寄り添いポイント

  • 全部一人でやろうとしないこと
  • 未完成でもいいから世の中に出すこと
  • まずは一歩行動してみること

とはいえ、僕もまだまだ雑魚雑魚なので、引き続き他の人にも徹底的に頼りつつ、成長していきます!
一緒に頑張りましょう!

完璧主義・自意識過剰についてはこちらもチェックです

 

人気記事 自意識過剰を治す簡単な方法[人の目は気にしないでOK]

人気記事 新しいことを一瞬で始める思考法を解説